動物看護士認定試験の受験資格は認定された専門学校の卒業が必須に!

動物看護士になるには

動物看護士になるには

★動物に関係する仕事に就きたい方へ

なでられている猫 ペットが大好き、動物のためになる仕事に就けたらどんなにいいだろう・・・そう思う方は多いようです。
そしていま、動物業界のお仕事が転職先としても人気なのです。動物業界のお仕事への注目は、どんどん高まっています。
今回はそんな動物業界のお仕事のなかでも、「動物看護士」というお仕事にスポットをあてたいと思います。
なぜ「動物看護士」のお仕事に注目が集まっているのか?「動物看護士」ってどんなお仕事なのか?
「動物看護士」になるにはどうすればよいのか?気になる疑問について考えたいと思います。

動物病院で働くスタッフの需要がUP

★とどまるところを知らないペット人気

ある調査では、平成25年時点で日本国内で買われている犬は約1087万頭、猫は約974万頭だと言われています。
今では空前の「猫ブーム」で、「猫カフェ」、猫のコマーシャル、猫を題材にした映画など、様々な場所に猫が出現しどれもブームとなっています。
インスタグラムなどでも猫のフォロワー数がランキングの上位に躍り出たりと、ペットの癒しを求める声がどんどん高まっているのを感じます。
猫だけではなく、コマーシャルに使われたワンちゃんの犬種が人気になり入手困難になったり、珍しいペットを飼う人が増えたりとペット人気は高まるばかりです。

犬、猫だけでなくペットがブームとなるのには理由があります。
それはペットが人に癒しを与える存在だからです。
ペットを買っている人に飼っている理由を聞くと、半数以上の方が「癒されるから。」と答えています。
ペットへの実用性は現在はあまり重要視されなくなっていて、それよりも癒しを求めてペットを飼う人が多いのです。

そのため、社会が忙しく、ストレスが多いものになるにつれて、ペットの需要は高まっていくのです。
さらに最近では孤独に暮らす人も多く、寂しい気持ち・ストレスをペットを飼うことで軽減できるとも言われています。
ペットを飼うことは人間に安らぎ・生きる意味を与えてくれる、最も良好なセラピーであるとも言われています。

ですが、そうしてペットが増えるにつれて必要になるのが、そのケアを行う施設です。
動物の間では常に流行病があり、それを予防するために動物病院にて予防接種や薬をもらうのは必須です。
また定期的な健康診断により、病気を未然に防ぐこともできますね。
さらに適切なしつけや健康管理のためのアドバイスを求めて専門機関に行く飼い主さんも多いでしょう。
以前は「ペットは外」という考えもありましたが、現在は違います。
ペットは家族の一員であり、適切なケアやメンテナンスを行うべき大切な存在となっているのです。
そのため、それを行う動物病院や施設が多く必要になり、そこで働くスタッフも需要が高まっています。 の需要を満たすのが、「動物看護士」なわけです。

動物看護士について

★「動物看護士」とは?

「動物看護士」とは、認定資格をとった人で動物の診療・ケアに関わる人を指します。
主に動物病院で働き、獣医師の診察の補助を行います。
それ以外にも受付、飼い主さんの対応や問診、お薬の説明なども動物看護士の仕事です。
またお薬の調合・術後のペットのケアなど専門的な知識を必要とする業務もこなします。
さらに入院しているペットをお世話したり入浴、散歩を行うこともあります。
獣医師が行う医療行為以外の多岐にわたる業務を、動物看護士が行っているのです。

またその他の動物が関係する数々の仕事場にて様々な業務を行っています。
例えば動物園には「調教師」や「飼育員」しかいないと思われがちですが、動物のケアについて専門知識を持つ「動物看護士」が飼育員たちのケアをサポートしている場合があります。
またブリーダーやペットショップにて、ペットにストレスのない正しいケアが行われるためのアドバイスをしていることもあります。
ペットの安全や健康を守るために、様々な場所で働いているのです。

★「動物看護士」になるには?

それでは、「動物看護士」になるにはどうすれば良いのでしょうか?
今までは「動物看護士」になるためには民間認定機構の受験に合格することが必要でした。
ですが、動物看護士の認定をする機関が数多くあり、その判断基準にばらつきがあることなどがかねてから問題となっていました。
同じ資格を持っていても、認定機関の違いにより、動物看護士の間でレベルの格差が生じていたのです。
それを受け、2012年より新たな取り組みが始まっています。
厚生労働省認定の団体を含む5つの団体が協力して、動物看護士の資格認定の一本化が実施されているのです。
これを受け、一本化された動物看護士認定試験は全国統一のものとなり、合格者には同一の専門知識があることが認められるわけです。

★一本化された「動物看護士」認定試験の受験資格

今までは、動物看護士の試験を受験するためには高校卒業程度の学力、という規定しかありませんでした。
そのため、指定の学校に行ったり特別な受講を強いられることもなく、誰でも受験することが可能でした。

ですが今回の変更を受け、受験資格は大きく変わります。
現在の受験資格は、認定された専門学校での卒業、あるいは認定動物看護士(一本化以前の認定資格)として3年以上の勤務をした人、とされています。
ということは、一般の方が認定資格を取ろうと考えた場合には、専門の学校に入って教育を受けるしか方法はないようです。
また現在動物看護士として働いている方は実務経験が3年以上あれば受験することができますが、これは移行期間の特別措置であり、いずれこの特別措置もなくなってしまうようです。
ということは、動物看護士になるためには専門学校の卒業が必須となるようですね。
そして現在、以前の動物看護士の資格をお持ちの方は早めに一本化された認定試験を受けたほうが良いでしょう。

詳細はこちら

学校ごとで期間、費用などが違いますよ。そこで便利なのが一括資料請求!!

資格を取るなら、自分に合ったスタイルを見つけるの一番ですよ!!

自分にあったスタイルだけでなく、費用ももちろんとっても大事。

そこで便利なのが一括資料請求です。 自分い全国の通学・通信講座情報がなんと67,000件以上。 それもわずか2分ほどで申込み完了しちゃいます。
もちろん無料!

BrushUP学び公式動物看護士の講座一覧