1位トイ・プードル、2位チワワ、3位ダックスフンド、4位ポメラニアン

人気の犬種ランキング2015

人気の犬種ランキング2015

★いま注目のワンちゃんは?

これからわんちゃんを飼いたい!と考えている方も、また自分のわんちゃんの犬種を見ると愛しくなっちゃう、という愛犬家さんにも。
ぜひ見ていただきたいのが人気の犬種をランキングにしたものの2015年度版、最新版です。
今年度のワンちゃん人気にはどのような変化が起こっているのでしょうか?いま注目のわんちゃんは?
一気に見てみましょう!

注目のわんちゃんランキング

★1位「トイ・プードル」

不動の人気ナンバーワンは、やっぱりトイ・プードルですね。
最近ではスタダード・プードルという原種よりもこちらの小さめトイ・プードルのほうが主流になっています。
もともとはフランスの犬であり、品種改良されていまのトイ・プードルが生まれました。
最近ではトイ・プードルよりもさらに小さい「ティーカップ・プードル」という犬種も新たに誕生しました。
猫よりも小さく、まるでぬいぐるみが動いているような印象のとっても愛くるしい子です。
ティーカップにも入ってしまう、お人形のようなワンちゃんを探しているならぴったりでしょう。
トイ・プードルの正確は人懐こく、甘えん坊です。
ですが好奇心が強いため、知らないところにもどんどん入っていってしまう傾向があります。
トイ・プードルを象徴づけるのが「テディベアカット」ではないでしょうか?
まるでテディベアのように丸っこく、可愛らしく毛をカットしたトイ・プードルは誰もが癒されますね。
見た目も正確も愛くるしい子を求めているのなら、トイ・プードルで決まりでしょう。

★2位「チワワ」

小型犬人気が続き、チワワが二位となりました。
室内で犬を飼う方が多く、小さめなお家でも安心して飼えるサイズであることも魅力のひとつでしょう。
また小さいからだで散歩も長時間は必要としていないので、その点でも飼い主を煩わせることがないでしょう。
チワワはもともとメキシコ原産の犬です。
そのため比較的熱さには強いのですが、寒さには弱く温度管理が必要です。
繊細な神経を持っているため、知らないところや知らない人に対して警戒心を抱きます。
そのためずっと吠えてしまったり、噛み付くこともしばしばです。こいぬのうちにしつけをきちんとしておく必要があるでしょう。
怖がりで震えていることもしばしばですが、繊細ゆえに歯をむきだしてしまうこともあるので、そういった特性をわかってあげてフォローしながら付き合っていけると良いでしょう。
そんな繊細はチワワですが意外と寂しさには強いようです。
ひとりにされてもへっちゃら、という図太さは持っているよう。少しマイペースな面があるようです。

★3位「ダックスフンド」

こちらも長年人気が続いている犬種ですね。
「ダックスフンド」の中にも種類があり、体格により呼び名が違います。
「スタンダードダックスフンド」、それより小型に改良された「ミニチュアダックスフンド」、それをさらに小型に改良した「カニヘンダックスフンド」があります。
それぞれは狩りのために改良され、そのため穴が掘りやすいように足が短くなっているようです。
毛質も3種類あり、硬い毛質が「ワイヤーヘア」、カールした毛質が「ロングヘア」、光沢のある毛質が「スムースヘア」です。
毛質によっても印象が大分変わりますよね。
ダックスフンド好きの方は、同じ種類でも毛質の違う子を多頭飼いしている方も多いです。
狩り用に改良されただけあって、好奇心旺盛で活発な子です。
ですがご主人様の命令を忠実に待つ、従順な特質も兼ね備えています。
そのため家族の動向を良く見守り、変化に敏感な優しい性質があります。
長く付き合っていくのにおすすめの犬種です。

★4位「ポメラニアン」

ふわっとした毛質、愛くるしいまん丸の目、やっぱり愛されるのがポメラニアンですね。
ペットの理想像として描かれることも多く、可愛いペットの代表格、といったイメージがあります。
毛の色にも種類があり、最も一般的なオレンジ系、そしていま人気のホワイト系などがあります。色によって印象も大分変わるものです。
愛嬌たっぷりに振舞う、人気者な正確の持ち主です。
その反面自己中心的なところもあり、いつも輪の中心にいないと怒るのもポメラニアンの特性です。
みんなが遊びに来て自分だけ違う部屋に取り残された、ケージに入れられた、というときに怒り出し大騒ぎする、なんてこともしょっちゅうのはず。
また意外と神経質な一面もあり、音や影に敏感に反応しその後ずっと怖がっている、なんてこともあります。
そんなときは一緒にいてあげると安心して眠ってしまったりと、飼い主さんに頼りっきりの可愛い一面を見ることができます。

主流は小型犬

★あなたのお気に入りわんちゃんは?

人気の犬種には、そのときの世相が現れるものです。
いまは室内で飼えるおとなしい小型犬が主流のようですね。
ですが大切なのはあなたが愛せるわんちゃんを見つけることです。お気に入りのパートナーを見つけて、ドッグライフを楽しみましょう!

学校ごとで期間、費用などが違いますよ。そこで便利なのが一括資料請求!!

資格を取るなら、自分に合ったスタイルを見つけるの一番ですよ!!

自分にあったスタイルだけでなく、費用ももちろんとっても大事。

そこで便利なのが一括資料請求です。 自分い全国の通学・通信講座情報がなんと67,000件以上。 それもわずか2分ほどで申込み完了しちゃいます。
もちろん無料!

BrushUP学び公式動物看護士の講座一覧