ペットの能力は無限大で、その能力を生かすも殺すも飼い主次第なのです

犬の正しいしつけ方法とは

犬の正しいしつけ方法とは

★ダメな子ほどかわいい・・・ですか?

自分の犬ならば何をやっても可愛い、ちょっと無礼な態度も許しちゃう。そんな気持ち、ペットを飼っている方ならよくわかるはずです。
何といっても自分の子が一番。コマーシャルで出てもてはやされている子よりも、自分のペットの方が数倍可愛く見えるものなのです。
ですが、本当に「何をやっても可愛い」のままでいいのだろうか?と思うことはありませんか?
実はペットの能力は無限大であり、その能力を生かすも殺すも飼い主次第なのです。
ペットをより良い子にするためにはどうすればいいのでしょうか?

飼い主の義務

★適切なしつけは愛情のしるし

「かわいい子には旅をさせよ。」そんなことわざがありますね。
ペットに本当に旅をさせるわけにはいきませんが、この精神はペットとの関係においてもあてはまります。
その要点は、ペットを愛するのなら正しいしつけをするべきだ、ということです。
たとえしつけ中はペットにとっては厳しい機関であるとしても、そのしつけはペットのためになるものなのです。

例えばずっとムダ吠えをするワンちゃんがいるとしましょう。
そのワンちゃんが子どものうちにきちんとしつけをして、ムダ吠えをしないように育てるなら、どんな効果があるでしょうか?
しつけをされずに育ったワンちゃんは、吠えるたびに起こられても何で怒られているのかが理解できません。
そのために吠えて怒られるたびにストレスが溜まり、より吠えてしまう、という悪循環に陥ってしまうでしょう。
ですが正しくしつけられ、ムダ吠えすると怒られるということを理解しているのなら、自然とその教えを守り、怒られる回数も少なくなります。
結果的にワンちゃんのストレスも少なく、飼い主とも良好な関係が築けるのです。
このように正しくしつけられたワンちゃんは、家族以外の人からも愛されます。
そのため多くの人から大切にされ、ワンちゃんの満足感にもつながります。
正しいしつけは、ワンちゃん自身の喜びにつながるのです。

またペットの能力は私達の想像をはるかに超えるものです。
正しくしつけをするなら、望んでいた以上に能力を発揮するのを見ることができるかもしれません。
例えばワンちゃんが近所の人には吠えないけれども不審者にだけ吠える、などの能力が発揮されるかもしれません。
そのような隠れた才能を発揮させるのも、飼い主の仕事なのです。
しつけは自分のペットがより良いペットになれるための道を開いてあげる作業とも言うことができます。

飼い主が学ぶ

★しつけのプロ「ドッグトレーナー」の力を借りる

正しいしつけをしたい、という時にプロの力を借りることもできます。
それが「ドッグトレーナー」です。
「ドッグトレーナー」は飼い主の悩み(ムダ吠え、噛み付く、など)を聞いて、それを解決するために調教を施します。
きちんとその課題をクリアするまで調教し、または飼い主にアドバイスを施して家での接し方まで変化させます。
主にペットの調教を行いますが、警察犬学校・盲導犬協会で専門の訓練を行うドッグトレーナーもいます。
自分で開業ししつけ教室を持っている方もいれば、ペットショップや動物病院などのしつけ教室で活躍する方もいます。

ドッグトレーナーになるには、必ずしも資格が必要なわけではありません。
ですが民間資格として「日本ドッグトレーナー協会」が認定する「ドッグトレーナーライセンス」がありますので、そちらを取得すると就職において有利でしょう。
ドッグトレーナーになるために専門学校もあります。
ドッグトレーナーは専門知識とともに、実技にて覚える知識が多いものです。
そのため専門学校に行くなら、座学では学ぶことのできない実践できる知識を得ることができるでしょう。
訓練を施す時にどのような反応を犬が示すか、どのような訓練方法が最適かを体をもって学ぶことができるので、即戦力となる訓練術を身につけることができます。

このようなプロの手を借りてしつけを行うなら、より質の高いしつけを施すことができるでしょう。
飼い主ではなかなかわからなかった愛犬の問題点、直すべき点を指摘してもらうことができます。
また飼い主自身の問題点を指摘されることもあります。
犬は自分への対応で、飼い主への服従の度合いを測るとても賢い生き物です。
もし飼い主のほうが犬の御機嫌をとるような対応をしているなら、犬は飼い主を自分の下と見ることでしょう。
そうなると、いくら犬がしつけされていい子になったとしても、飼い主が服従させることは不可能かもしれません。
犬は自分より上であると判断した人間にしか服従を示さないのです。

そうなると、犬をしつけするだけではなく、飼い主の側にも変化が求められることがわかりますね。
飼い主の側が毅然とした態度で、自分が上であるということをきっぱりと示すなら、犬の側も安心して飼い主に服従することでしょう。
犬をしつけする、ということには飼い主が自分を見つめ直す必要も含まれているのですね。
プロの手を借りるにしても、お家でしつけを行うにしても、そのことを頭に置いて犬に接してみましょう。
そうすることで、家の中でも、また外でも誰からも愛される、より良いワンちゃんへと成長させてあげることができるでしょう。

学校ごとで期間、費用などが違いますよ。そこで便利なのが一括資料請求!!

資格を取るなら、自分に合ったスタイルを見つけるの一番ですよ!!

自分にあったスタイルだけでなく、費用ももちろんとっても大事。

そこで便利なのが一括資料請求です。 自分い全国の通学・通信講座情報がなんと67,000件以上。 それもわずか2分ほどで申込み完了しちゃいます。
もちろん無料!

BrushUP学び公式動物看護士の講座一覧