ペットのストレスが少なく、住みやすい環境を整える必要がある

ペットと暮らす家とは?

ペットと暮らす家とは?

★ペットと共生する時代

いまお家のコマーシャルを見ると、ペットが出てくるものが多いと思われませんか?
そう、家を新築する際、購入する際、ペットと共に住めるお家を望む方が増えているのです。
そんなペットと共生する時代に生きている私達は、「ペットと暮らす家」について真剣に考える必要があります。
「ペットと暮らす家」に求められることとは?そのための取り組みとは?詳しく見てみましょう。

ペットのストレスを減らす

★「ペットと暮らす家」が必要な理由

いまやペットは家族の一員です。
家を新築するのならいまのペットも一緒に住める家を、と計画する方もいるでしょう。
また家を購入するにあたりペットを購入し新しい家族を迎えたい、という方もおられるかもしれません。
ペットは家の外で飼うものというよりも、家族として一緒に暮らすものであるという考え方が一般的になっています。
でもペットは本来は動物同士で暮らしていたものですので、人間と一緒に暮らすためには配慮が求められます。
ペットのストレスが少なく、住みやすい環境づくりをしてあげる必要があるのです。
なぜかというと、ペットのストレスは寿命に大きな影響を与えるからです。
現在医療の先進によりペットの寿命も長くなっていますが、まだまだ「突然死」は多いものです。
この「突然死」には心臓発作や心筋梗塞も含まれ、その原因は定かではありません。
ですがストレスを抱えて毎日を過ごすペットの場合、この突然死のリスクは大きくなります。
声を発することができないペットを守り、少しでも長生きさせてあげるためには、人間のほうが気づいてより住みやすい環境を整えてあげる事が必要なのです。

また人間の側にも、ペットと共生する際には多少の不便が生じます。
どうしてもお掃除が毎日念入りに必要になったり、トイレを替えなければならないかもしれません。
お散歩に行ったり、重いエサをお家まで運ぶ必要もあります。
これらの動作がより行いやすく、スムーズでストレスフリーなものになれば、ペットとの暮らしがもっと楽しくなると思われませんか?
「ペットと暮らす家」はペットにも人間にも必要なものなのです。

安心できる家づくり

★「ペットと暮らす家」とは?

では「ペットと暮らす家」とは具体的にどのような家なのでしょうか?
例として、ペットとの共生住宅を提案している「積水ハウス」の取り組みを見てみましょう。
「積水ハウス」では、ワンちゃんが安心してお留守番できるお家づくりを提案しています。

ワンちゃんがお家でお留守番している時間は、実は飼い主さんが家にいる時間よりも多いものです。
ということは、ワンちゃんのお留守番タイムを快適なものにできるかどうかでワンちゃんのストレス度が決まると言えます。
ワンちゃんのストレスがたまらないお留守番スタイルとは、どのようなものでしょうか?

ワンちゃんは自分のなわばりを持ち、そのスペースを守る習性があります。
そのためお家を見回りして異常がないか調べる素振りを見せるでしょう。
これは自分の仕事をきちんと果たしている証拠です。
ですが、ワンちゃんにとって常に警戒態勢だと疲れてしまうものです。
そのため、ワンちゃんがくつろげる決まった場所がひとつあるとワンちゃんは安心します。
その定位置にいるときは警戒しなくていい、休める、という場所があるだけで、ストレスから開放されるわけです。
逆に決まった定位置がないと、どこにいても落ち着かず休まらない状態になってしまいます。

積水ハウスでは、家を建てる際にワンちゃんが安心できる定位置を設計に含めることができます。
例えば家族みんながくつろぐリビングの壁の一角にワンちゃんが入れるだけの押入れのようなスペースを作ることもできます。
そうすると、狭くて暗い場所のほうが落ち着くワンちゃんにとって理想のくつろぎ場所ができます。
また家族の顔も見ることができるので、ワンちゃんも安心し、また家族も安らぐことができるのです。
このように、新築の際にワンちゃんのことを考慮したつくりにすることができるのです。

また室内飼いのワンちゃんのお悩みで多いのが、足腰のトラブルです。
人間と違い、つま先で歩いているワンちゃんにとって、洋式の床、フローリングは足腰に大きなダメージを与えます。
固くて滑りやすく、バランスをとって歩いているうちにいつの間にか足腰の関節が磨り減ってしまっていることもあります。
ですが絨毯にするとワンちゃんの毛がからみ、お掃除がしにくいですよね。
またそそうをしてしまった時のお掃除も大変です。
そしてペットの匂いが染み付きやすく、お家全体がペットの匂いになってしまう可能性があります。
ではペットが歩きやすく足腰に負担が少なく、なおかつお掃除しやすい床があるのでしょうか?
積水ハウスの「ファブリックフロア」なら、そのふたつの理想がかないます。
滑りにくく柔らかい素材なので、ペットがソファから飛び降りたり走っても足腰に負担がありません。
また表面が汚れを吸い込みにくい素材なので、お掃除も楽々で飼い主さんの負担も軽減します。

新築の際、リフォームの際、ぜひ「ペットと共生」というテーマで考えてみてはいかがですか?
あなたのペットライフがもっと楽しくなるかもしれません。

学校ごとで期間、費用などが違いますよ。そこで便利なのが一括資料請求!!

資格を取るなら、自分に合ったスタイルを見つけるの一番ですよ!!

自分にあったスタイルだけでなく、費用ももちろんとっても大事。

そこで便利なのが一括資料請求です。 自分い全国の通学・通信講座情報がなんと67,000件以上。 それもわずか2分ほどで申込み完了しちゃいます。
もちろん無料!

BrushUP学び公式動物看護士の講座一覧