ドライフード、飲料水、ペットシーツ、リード・首輪、薬などを準備

ペットの被災に備える

ペットの被災に備える

★ペットだって被災者になる

地震大国日本に住んでいると、いつどこで大地震に見舞われてもおかしくないと誰もが思っていることでしょう。
東日本大震災の心の傷が癒えぬまま、また新たに熊本大地震が起こってしまいました。
どこに住んでいても、地震の恐怖から逃れることはできないとすべての人が思っているのです。
そのために避難グッズ、防災グッズは各家庭の必須ですね。
ですが、ペットを飼っている皆さんにはまだすべきことがあります。ペットのための防災対策をしておくべきなのです。
震災のあとの今こそ、ペットのために防災対策をしっかりして準備しておきましょう。
そのための情報を集めてみました。

もしものために

★もしものときにペットが遭う危険

震災の際にペットが住居の下敷きになってしまう可能性もあり、避難経路をしっかり取っておくことは大切です。
ですがそれ以上に多いのは、ペットが行方不明になってしまう危険性です。
過去の大震災の際には、大きなゆれに驚いたペットが飛び出してそのまま行方不明になってしまった、というケースが非常に多かったようです。
また避難途中にはぐれてしまいそのまま探しても見つからなかった、という方もいました。
震災という非常事態にペットはパニックになり、脱走してしまう可能性があるのです。

また震災の際にペットを保護するボランティアの方が活動して下さる場合があり、ペットを一時的に集合施設に保護してくれるかもしれません。
ですがちゃんと予防接種をうけていないと、そこで感染症に感染したり、去勢手術をうけていないゆえに妊娠したりしてしまう可能性もあるのです。
ふだんからきちんと予防措置を講じておくことは大切です。

さらに避難施設に行き、飼い主さんと一緒に過ごせるとしてもペットのしつけがされていないと迷惑になってしまいます。
自分の家では多めに見ていた遠吠え、ムダ吠えなども避難場所ではとても気になります。
周りの方への配慮ゆえにペットに厳しくあたり、それが原因でペットのストレスも溜まるかもしれません。
普段のしつけをきちんとしておくことは、飼い主・ペット・周りの方全員の益につながるのです。

★もしもの時に備えてできること

ではもしもの時に備えて、どんな準備ができるでしょうか?
まずペットの「飼い犬登録」をきちんと済ませておきましょう。
飼い犬登録の際に、飼い主の住所、連絡先などの情報を開示するならば、その犬が見つかったときに素早く連絡がきます。
また飼い犬登録されている犬は他の犬よりも先に保護される場合が多いようなので、登録がペットの命を救うことにもつながるようです。
飼い犬登録をしているワンちゃん、予防接種をうけたワンちゃんには鑑札が渡されますので、その鑑札を目に見える位置につけておくことも予防策のひとつになります。
最近では飼い主さんの連絡先を書くことができる首輪なども売っています。
またICチップつきのものもありますので、最新グッズを使って情報を開示しておくのも良い方法でしょう。

鑑札のためにも、また病気予防のためにも予防接種はとても大切です。
周りのワンちゃんに迷惑をかけないためにも、必要不可欠ですね。
狂犬病予防注射、フィラリア投薬、ワクチン接種を毎年忘れずにうけましょう。

今すぐ防災対策を!

★ペットのためにも非常持ち出し袋のご用意を

次に、非常持ち出し袋に入れておきたいペットグッズをご紹介しましょう。
人間と同じく、非常食を入れておく必要があります。
ペットフードは乾燥のものを選べば、賞味期限も長いので保存が楽です。
食べなれたものを用意してあげるなら、環境が変わり不安がっているペットも食欲を取り戻して食事することができるでしょう。
飲料水も、人間の分だけではなくペットの分も計算して非常持ち出し袋に入れておきましょう。

できればトイレのシートも持っていきましょう。
一週間程度分のトイレシートを持っていけば安心です。
また忘れてはならないのが、リード・首輪です。
集団生活になる際に、他の人に迷惑にならない場所につないでおく必要が生じるかもしれません。
使い慣れたリードや首輪ならばペットのストレスを軽減させることができるでしょう。

いつも使っている薬があるならば、それも多めに用意しておきましょう。
皮膚疾患が起こりやすい、耳に炎症が起きやすいなど持病の併発が予測されるならば、そのお薬も忘れずに入れておきましょう。
小型犬ならばこれらの荷物をケージに入れ、非常時にも運びやすいようにしておくと良いかもしれません。
それか人間の非常持ち出し袋に物品を入れ、非常時にはすぐにケージにペットを入れられるように常に目に見える位置に置いておくのも良いでしょう。
被災時にペットにとっても必要なものを、あらかじめ考えておきましょう。

被災者になった際、不安なのはペットも同じです。
もしもの時にも慌てず、ペットが安心できる環境をつくるために最善の準備をしておきましょう。

学校ごとで期間、費用などが違いますよ。そこで便利なのが一括資料請求!!

資格を取るなら、自分に合ったスタイルを見つけるの一番ですよ!!

自分にあったスタイルだけでなく、費用ももちろんとっても大事。

そこで便利なのが一括資料請求です。 自分い全国の通学・通信講座情報がなんと67,000件以上。 それもわずか2分ほどで申込み完了しちゃいます。
もちろん無料!

BrushUP学び公式動物看護士の講座一覧