ペットの死への向き合い方やペットの死を乗り越える手助けをする

ペットロス療法士とは

ペットロス療法士とは

★最大の悲しみを乗り越えるには?

犬や猫が大好き!でも自分で飼うのはためらってしまう・・。
そんな方に理由をお聞きすると、「亡くなったときに悲しみに耐えられない。」という言葉を多く聞きます。
ペットが大好きな人ほど、愛情を傾ける人ほど、その死は受け入れがたく辛いものとなります。
ペットを飼う方にとっての最大の悲しみ、「ペットの死」にどう向き合いどう乗り越えればいいのか?
そのお手伝いをするための資格、「ペットロス療法士」をご存知でしょうか?
ペットをなくした方をペットロス療法士がどのように助け、癒していくのか見てみましょう。

ペットの死を乗り越えるためのプロセス

★ペットロスの大きな影響

「ペットロス」とは、ペットを失った後に感じる喪失感、虚しさが引き金となり精神疾患などを患ってしまう状況です。
飼っていたペットが脱走していなくなってしまったり、亡くなってしまった場合などに起こりえます。
喪失感を感じるのは、ペットがいた頃に得られていた癒し・喜び・満足感がなくなってしまうからです。
また自分の愛情を注ぐ相手がいなくなってしまったゆえの喪失感とも言えます。

この喪失感は、ペットとの関係によりより大きいものとなります。
例えば、家族もんなで飼っていたペットが亡くなってしまった場合、もちろん悲しいですが、世話をしたり一緒に過ごした時間は家族と共有していたものだったので、その死を乗り越えるのも家族で一緒に挑戦することができます。
ですが一人暮らしでペットとの毎日が主なコミュニケーションや癒しとなっていた人にとっては、ペットの死はより悲しく受け入れがたいものとなります。
また老夫婦でペットを我が子のように可愛がっていた場合にも、その思い入れは強く喪失感も大きいでしょう。
現代ペットは家族の一員と考えられています。
その存在を大切にし、尊重されているからこそ、ペットロスになる方も多いと言えます。
ペットロスの広がりは、ペットが大切にされている証拠とも言えるのです。

ペットロスの主な症状としては、うつ状態や不眠、脱力感、無気力状態があります。
症状が進むと、摂食障害や幻覚症状も起こしてしまいます。
体に症状が出て、胃潰瘍、呼吸困難などを起こす場合もあります。
このような精神・身体の疾患は、ペットの死を受け入れたくない、という思いからきたいわば防衛反応とも言えます。
ペットの死が本当は嘘で、実はまた息を吹き返すのではないか、と考えてしまったりもします。
頭ではわかっていても心がついていかない、そんな状態が体に異変をきたしてしまうのです。

ペットの死が現実のものだと理解し始めると、その原因を探し、怒りを抱くようになってしまいます。
あの時獣医師がもっと良い応急処置をしてくれていれば結果は違ったのではないか、と獣医師を責める方は多くいます。
実際には応急処置をするには手遅れであったり、何も手がなかった、という状況だったことがわかっていても、怒りの矛先を探して誰かを責めてしまうのです。
また怒りの矛先を自分に向けて苦しんでしまう場合もあります。
もっと良い世話をしていれば、もっと早く異変に気付いていれば、と際限なく自分を責めてしまうのです。
実際には飼い主できることはわずかで、病気を未然に防ぐための万全のケアをするというのは難しいことです。
ですがペットの死を受け入れられず、怒りを抱いた状態にはそのような理性的な判断ができなくなってしまうのです。

そのように怒り、無気力状態などを乗り越えた後に、初めてペットの死を現実として受け入れられるようになります。
それまでに数週間かかる人もいれば、数ヶ月、あるいは年単位で回復までに時間がかかる人もいます。
ペットの死を現実のこととして思い出すことができ、悲しい感情も乗り越えることができるようになるのです。
そのため、「ペットロス」状態はペットの死を乗り越えるためのプロセスであり、必要な段階であることがわかります。
大切なのは、この受け入れるまでのプロセス期間を正しく過ごし、うつ状態などが重症化しないようにすることなのです。

ペットロスの公的な資格

★「ペットロス症候群」の人を助ける専門士

ペットロス状態を乗り越えるために、「アニマル・ペットロス療法士」「ペットロス・ハートケアカウンセラー」という資格があります。
精神衛生学も関係し、「アニマルペットロス療法士」と「ペットロス・ハートケアカウンセラー」2級と3級は「公的学会認定資格」とされています。
「アニマルペットロス療法士」と「ペットロス・ハートケアカウンセラー」は、ペットを失った悲しみ、それを発端とした精神疾患や身体異常を回復させるための専門知識を学ぶことによって取得が可能になります。
心理カウンセリングの要素も多く、精神ダメージを回復させるためのカウンセリング方法などを学ぶことができます。
現在は通信講座での受講が可能であり、動物看護士や動物介護士の方が「アニマルペットロス療法士」と「ペットロス・ハートケアカウンセラー」の資格を取るケースも増えています。

ペットを飼っていくうえで残念ながら「死」という現実は避けられません。
その悲しみを知っているからこそ、他の人の悲しみを軽減させるために働きたいと思われませんか?
ぜひ通信講座で資料請求してみて、そのための一歩を踏み出しましょう。

学校ごとで期間、費用などが違いますよ。そこで便利なのが一括資料請求!!

資格を取るなら、自分に合ったスタイルを見つけるの一番ですよ!!

自分にあったスタイルだけでなく、費用ももちろんとっても大事。

そこで便利なのが一括資料請求です。 自分い全国の通学・通信講座情報がなんと67,000件以上。 それもわずか2分ほどで申込み完了しちゃいます。
もちろん無料!

BrushUP学び公式動物看護士の講座一覧