動物園やテーマパーク、動物のイベントなど動物を扱う施設で動物の世話やしつけ、飼育をする

若者に人気?!動物飼育員

若者に人気?!動物飼育員

★動物に関わる仕事は永遠の憧れ

小さいころの夢は、動物と関わる仕事に就く事だった、という人も多いのでは?
子どもにとって、動物とずっと関われる獣医さんや動物園の飼育員さんは憧れの的でした。
ですが大人になってもその夢を追い続ける方がいます。
そして動物関連の仕事はいま若者の間でも人気が再沸騰しているようです。
動物看護士の次に注目度が高い職業、「動物飼育員」について今回はご紹介したいと思います。
「動物飼育員」とはどんな仕事なのか?どうすればなれるのか?など詳しく解説したいと思います。

動物飼育員の仕事

★「動物飼育員」とは?

「動物飼育員」とはどんな職業でしょうか?
「動物飼育員」は動物を扱う施設にてその動物の世話、しつけ、飼育を任されている人のことです。
主に動物園で働きますが、ほかにも動物を扱うテーマパーク、動物の展示を行うイベントなどでも活躍しています。

「動物飼育員」はまず食事・運動・お風呂や毛刈りなどの毎日のお世話です。
健康管理を行ううえで欠かせない、栄養バランスの良い食事、適切な運動、睡眠時間の管理などを行っています。
また動物によっては定期的にシャワー、体を洗うこと、毛を整えること、毛刈りなどが必要な場合もあります。
そのようなときに適切なケアを行い、衛生管理をするのも動物飼育員の仕事です。
世話している動物が毎日適量エサを食べているかチェックし、そうでないなら何が原因となっているか、など体調管理にも気を配ります。
そうしたチェックは毛並み、ツヤ、動き方などの変化にまで及びます。
何かしらの変化が生じればすぐにチェックし、健康状態を良好なものに整えるように努めているのです。

また衛生管理を行うために清掃をすることも大切な業務です。
生き物相手なので毎日汚れますし、それを毎回清掃する必要があります。
そうした地道な作業を通して、動物たちのまいにちの健康が確保されているわけです。
これは訪れるお客さんに気持ちよく過ごしてもらう助けにもなっていますね。

一般的に、ひとりの飼育員が何種類もの動物の健康管理を任されています。
そのため各動物の特徴を把握し、適切な処置を守備よく行う臨機応変さが求められます。
各動物によりエサの時間が違い、ケージの掃除をする時間も違います。
それは動物により夜行性であったり生活習慣が違うので、それに合わせた世話が必要だからです。
動物飼育員になるのであれば、幅広い動物に愛と関心を示せるようであるべきです。

また動物園で行われるショーやイベントも、大切な動物飼育員の務めです。
ショーの司会、進行を任されているのは、大抵動物飼育員なのです。
そのために動物に芸を教えたり、ショーのために体調を整えさせたりと地道な努力を重ねているのです。
水族館でよく見るイルカのショーの場合は、動物飼育員のなかでも特別な「ドルフィントレーナー」という資格を持つ方が調教をしています。
イルカとのショーは調教師とイルカとの間に信頼関係が必要であり、そして芸を教えるためにも専門的な知識が必要です。
そのためイルカのショーには体調管理やえさの調整など様々な分野でドルフィントレーナーが関わり、信頼関係を築きながら準備がなされます。
ドルフィントレーナーは動物飼育員のなかでも特別な存在と言えます。

さらに動物の繁殖も、動物飼育員に任されています。
どのオスとメスを同じ檻に入れるか、どのタイミングで繁殖させるかなどの計算も動物飼育員に任されています。
たまに動物園でかわいい赤ちゃんが生まれたことが展示でお知らせしてありますね。
あれは動物飼育員の努力の結果でもあり、とても喜ばしいことなのです。
このように動物飼育員には様々な仕事があり、責任も重大であることがわかります。
ではそんな動物飼育員になるにはどうすれば良いのでしょうか?

専門学校や大学で勉強する

★「動物飼育員」になるにはどうすればいいの?

「動物飼育員」になるためには国家試験などはありません。
ですが、「動物飼育員」として活躍している方のほとんどは専門学校や大学などで専門の教育を受けてきた人です。
動物の世話をするにあたり、動物看護学・動物栄養学などはなくてはならない基礎的な知識であり、それを独学で身につけるのは難しいからです。
専門学校や獣医学科を卒業していると、知識が豊富なだけではなく就職情報も有利に得ることができます。
専門職なので一般の求人情報から見つけて応募するのが難しいのですが、専門学校などには求人のルートがあり、有利に就職までたどり着ける可能性が大きいのです。
そのような専門学校では、専門知識とともに実技研修もうけることができます。
動物関連の職業に就くにあたり、実技試験は必要不可欠です。
専門知識とともに実技教育も受けることで、即戦力となれる動物飼育員を目指すことができます。

動物飼育員は楽な仕事ではありませんが、この職業の人気が若者の間で高まっているのは嬉しいことです。
動物園やテーマパークに行く際には、隠れた動物飼育員さんの苦労を思い浮かべながら楽しんでみましょう。

学校ごとで期間、費用などが違いますよ。そこで便利なのが一括資料請求!!

資格を取るなら、自分に合ったスタイルを見つけるの一番ですよ!!

自分にあったスタイルだけでなく、費用ももちろんとっても大事。

そこで便利なのが一括資料請求です。 自分い全国の通学・通信講座情報がなんと67,000件以上。 それもわずか2分ほどで申込み完了しちゃいます。
もちろん無料!

BrushUP学び公式動物看護士の講座一覧