毛をトリミングする(=整える)ことを主な仕事とした動物専門の美容師

動物の美容師トリマーとは

動物の美容師トリマーとは

★ペットにもいつも可愛く気持ちよくいてほしい

美容室はいまやペットにとっても身近なものです。
毛が伸びる種類のワンちゃん、猫ちゃんにとっては何ヶ月かに一回は美容室に行く必要性があるでしょう。
そんなときに頼りになるのが、信頼できるトリマーさんですよね。
いつもお決まりの方にお願いすると、飼い主さんもペットも安心してトリミングを受けることができます。
そこで気になるのが、トリマーさんはどのような教育を受けて就職しているのか、ということです。
飼い主としての目線からも、またこれからトリマーになりたいと考えている方にも役立つ、トリマー資格取得に関する情報をご説明したいと思います。

動物専門の美容師

★「トリマー」とは?

「トリマー」とは、動物を専門にした美容師さんのことです。
毛をトリミング(=整える)ことを主な仕事をしているためにトリマーと呼ばれます。
ですがその業務は美容のため、見た目のためだけの施術に限りません。もちろん見た目がすっきりしますが、動物が毛を整えることにはそれ以上の意味があるのです。
第一に衛生面です。ペットの毛にはダニやノミがついてしまうことがあり、毛が手入れされていない状態ではそのリスクも大きくなります。
また皮膚病、フケの原因ともなりますので、定期的にトリミングして皮膚や毛を清潔な状態にするのは必要不可欠です。
また種類によっては、毛を放置してしまうと毛がひっかかったり、もつれてしまう子もいます。
そうなるとペット自身にとってもストレスであり、精神的にダメージを与えてしまいます。
飼い主がそれを未然に防ぐためにケアしてあげることが必要です。
毛が伸びる速度の速い種類の子も、毛が伸びすぎて地面についてしまったりそれで必要以上に汚れてしまう可能性もありますので、定期的にお手入れが必要です。

また家の中で飼っている場合、毛が飛び散らないようにおさえる目的でもトリミングが必要です。
定期的に毛を整えているならば、その時にムダな毛が刈られ、必要な毛だけが残るのでお家での抜け毛も防げます。
ペットの抜け毛はハウスダストなどの原因となりますので、できるだけ少ないほうがいいでしょう。
また最近の猛暑ではペットが多量の毛をつけたままでいるのは健康的にも良くありません。
真夏に熱中症で倒れるのは人間だけではなく、ペットも同じなのです。
真夏の動物病院には、熱中症の動物が急患で送られてくる件数が非常に高くなります。
それを防ぐためにも、長毛種だとしても短くカットすることを選ぶ飼い主さんも多くいます。
ペットの健康管理のためにも、トリミングは欠かせないのです。

またトリミングの際には、毛のカット以外のケアも行われます。
飼い主ができない爪のカット、耳の掃除などが行われます。また肛門線のケアも大事な仕事です。
このようにお家ではできないチェックをプロに行ってもらうことで、飼い主が気づけなかった健康面の変化を知ることができます。
定期的にプロにチェックしてもらうことは、病気などの変化を早期に発見する助けにもなるのです。
このように、トリマーには毛のカット以外にも様々な役割があります。
ではそんなトリマーになるにはどうすればなれるのでしょうか?

トリマーの国家資格はない

★「トリマー」になるには?

トリマーは国家資格などではなく、資格がないとできない、という職業ではありません。
ですが専門学校、通信教育などで教育を受けることが勧められています。
なぜなら、トリマーは技術力が求められる専門職であるからです。
トリミングをするにあたって、相手は動物ですので、暴れる可能性・嫌がる可能性・さらには噛み付かれる危険なども大いにあり得ます。
そんな状況でもトリミングをするためには、実技を積み経験値を上げることが求められます。
たくさんペットと触れてその扱い方を学ぶこと、そのコツを掴むことが必要です。

またその犬種ごとにスタイルやカットの方法も変わってきます。
犬種の毛の特質、似合うスタイルを知り、そのカットを施す技術力が必要なため、知識と技術を養う必要があるのです。
加えて、飼い主さんからスタイルの要望がある場合もあります。
その場合、犬種ごとにできるスタイルを考えながら、飼い主さんの要望にできる限り応えたスタイルを追求する必要があります。
これにも技量が必要ですね。

そして上記でも述べたとおり、トリマーはカットだけではなく健康管理も期待されている職業です。
そのため、動物看護学や動物介護学の知識も必要とされます。
そのような専門知識は独学には得られないものです。
通信講座や専門学校にて動物衛生学、看護学をしっかり学んでいれば、正しい健康管理やチェックのできる信頼されるトリマーになることができるのです。

このように、動物関連の資格には動物看護学が基となっている場合が多いです。
これから資格を取ることを考える方は、動物看護学を学べる講座や学校を選ぶと良いかもしれませんね。
またいつもトリミングをお願いしている飼い主の皆さんは、そのような専門知識を持つ良いトリマーさんを見つけることで、大切なペットの健康管理も任せられるかもしれませんね。

学校ごとで期間、費用などが違いますよ。そこで便利なのが一括資料請求!!

資格を取るなら、自分に合ったスタイルを見つけるの一番ですよ!!

自分にあったスタイルだけでなく、費用ももちろんとっても大事。

そこで便利なのが一括資料請求です。 自分い全国の通学・通信講座情報がなんと67,000件以上。 それもわずか2分ほどで申込み完了しちゃいます。
もちろん無料!

BrushUP学び公式動物看護士の講座一覧