獣医師、動物看護士、愛玩動物飼養管理士、動物取り扱い責任者、愛犬飼育管理士

動物飼育に関する資格

動物飼育に関する資格

★動物を正しく扱うための資格

動物の殺処分などのニュースを聞くと、胸が痛くなりますよね。
そのような事態が絶えないのは、人間が動物を正しく扱っていない結果でもあります。
考えずに交配を続けさせて無許可でブリーダーを行っていた人が多量のペットを捨てて逃げてしまったり、飼い犬や飼い猫を置いて引っ越してしまう人もいます。
そのような事態を避けるために、日本では動物の飼育に関わる人に特定の資格を取るように義務づけています。
この資格制度が悲しい事件を減少させ、動物の命を救うことにもつながっているのです。
ではそんな動物飼育に関する資格にはどんなものがあるのか、見てみましょう。

動物病院での仕事

★動物病院で働くための資格

まず、動物の健康を守る動物病院で働くためにはどんな資格が必要でしょうか?
動物病院には、病気の判断、治療法を決定する獣医師がいます。
獣医師になるには、獣医師学科のある大学を出た後に国家試験に合格することが求められますね。

そして獣医師を支える「動物看護士」という職業があります。
「動物看護士」は獣医師の診察を支え、飼い主さんのサポートもする、動物病院にとってなくてはならない存在です。
そのほか受付業務などは、資格がなくても勤務可能なようです。

動物飼育に関わる人のための資格

学校ごとで期間、費

★愛玩動物飼養管理士

愛玩動物飼養管理士、という言葉を初めて聞いた方も多いかもしれません。
この「愛玩動物飼養管理士」という資格は、愛玩動物である犬や猫などのペットの正しい接し方、動物愛護の精神を広めるためにつくられた資格です。
公益社団法人日本愛玩動物協会の所定の通信講座を受講し、所定の試験に合格することで認定登録がなされます。

「愛玩動物飼養管理士」になるためには、動物の関連する法律などを学び、違法行為となる動物の扱いについて勉強します。
また保健衛生や公害問題、動物の間の流行病などについて正しく知ることで、ペットの健康被害が出ることを防ぐこともできます。
またペットのしつけに関する専門知識を得ることができるため、他の人にそれを広めることのできる、啓蒙活動を行える人材が増えることも目的とされています。

「愛玩動物飼養管理士」になったあとにはペットシッターや動物保護施設などで働くことができます。
また「愛玩動物飼養管理士」の資格を持っていると、「動物取り扱い責任者」という専門資格を受験する資格があるとみなされます。
次に「動物取り扱い責任者」について考えましょう。

★動物取り扱い責任者

動物取り扱い責任者とは、ペット業界での独立の際に必ず必要な資格です。
「動物取り扱い責任者」は2006年に改正された動物愛語法に基づきもうけられた資格です。
以前は動物取引を無資格で扱う業者が多く、それゆえに動物が悲惨な扱いを受けてしまうケースが後を断ちませんでした。
それを受け、2006年に改正された動物愛護法では、「動物取り扱い業」の登録を義務づけることとなりました。
それに伴い、登録の際には「動物取り扱い責任者」をたてる必要が生じたのです。
これにより、知識がないゆえに動物が痛めつけられたり、商品として悲惨な扱いを受けることが少なくなりました。
「動物取り扱い責任者」の資格を得るためには以下のいずれかの条件を満たしている必要があります。
・ペット関連の会社などでの勤務や、ペット業種での実務経験が半年以上あること。
・知識および技術について1年以上教育する学校等を卒業していること。
・愛玩動物飼養管理士などの特定の認定試験に合格していること。
この「動物取り扱い責任者」の資格はドッグブリーダー、ドッグトレーナーなどの開業にも欠かせない資格です。
またペットシッターなどにも資格の取得が呼びかけられています。

★愛犬飼育管理士

「愛犬飼育管理士」も、動物の飼育に関する重要な資格です。
これは「一般法人社団ジャパンケンネルクラブ」によりもうけられた資格です。
動物の愛護、管理、保護に関する専門知識を学び、それをサービスに活かすことが目的とされています。
独自の講習会、テキストが用意され、筆記試験などが行われます。
この「愛犬飼育管理士」の資格取得も、実は「動物取り扱い責任者」の受験資格の「特定の認定試験」に入るのです。
そのため、「動物取り扱い責任者」の資格取得を目指す人が「愛犬飼育管理士」の資格を取得するケースが多いようです。

このように、現在動物の飼育に関する法律は改定され、その結果生まれた新しい資格が増えています。
この動物飼育に関する法律の改正は、動物愛護の味方が広まっている証拠とも言えます。
また長年問題とされてきた、動物を商品として扱うことを問題視する味方がようやく形になってきたとも言えます。
このように専門の資格が増えることは、動物へのケアや扱いが一層レベルの高いものになるしるしとも言えます。
こうした流れについていき、動物業界の資格取得をする方の人数が増えることを願っています。

用などが違いますよ。そこで便利なのが一括資料請求!!

資格を取るなら、自分に合ったスタイルを見つけるの一番ですよ!!

自分にあったスタイルだけでなく、費用ももちろんとっても大事。

そこで便利なのが一括資料請求です。 自分い全国の通学・通信講座情報がなんと67,000件以上。 それもわずか2分ほどで申込み完了しちゃいます。
もちろん無料!

BrushUP学び公式動物看護士の講座一覧