動物病院での受付、検査助手、診療の補助などの業務のほか動物に関わるあらゆる仕事に携わります

動物看護士とは?

動物看護士とは?

★動物への愛を持つ人のための職業

BrushUP学び動物看護士の講座一覧 新たな仕事や資格が増え続けている現在、動物関係の職業も増えていますね。
新たな資格が増えたり、資格ごとにその都度業務内容が変更したりもします。
いま注目されているお仕事に「動物看護士」という職業があります。
「動物看護士」とはどのようなお仕事なのでしょうか?「動物看護士」になるにはどうすれば良いのでしょうか?詳しく見てみましょう。

「動物看護士」は民間資格

★「動物看護士」とは?

「動物看護士」とはどんなお仕事なのでしょうか?
看護士は国家資格ですが、「動物看護士」は民間資格です。
資格を持った「動物看護士」は動物病院などで獣医師のサポート業務を行います。
動物病院での受付、検査助手、診療の補助などが主な業務です。
また入院中の動物のお世話、お散歩、ケアなども行います。
ペットにあげるお薬の調剤、飼い主へのしつけやケアの説明など、動物に関わるあらゆるお仕事に関係します。

★「動物看護士」の活躍の場所

動物園で動物たちの飼育、訓練、診療補助などを行っている場合もあります。
またペットショップでの動物のしつけ、お世話を行うこともあります。
さらにブリーダーでペットの教育を行ったり、飼い主さんとの対応も行います。
獣医師と患者さんの間に入ったり、ペットを望む飼い主の要望を聞いたりと、接客的な分野も多い職業です。
そのため親しみやすさが求められたり、飼い主の願いや不安に敏感であるコミュニケーション能力も求められるでしょう。
言うまでもなく、動物に対する愛を兼ね備えている方でなければこれらの仕事はこなせません。
動物保護施設や動物救急病院え働くならば、正しい緊急処置などを行うために専門的な知識が必要となるでしょう。
動物の世話・しつけ・ケアなどに関わるあらゆるお仕事に、「動物看護士」は関わっていくのです。

★「動物看護士」になるには?

では、そんな「動物看護士」になるにはどうすれば良いのでしょうか?
すでに述べたように、「動物看護士」は民間資格です。
そのため、民間資格を発効している専門機関にて受験する必要があります。
「動物看護士」の民間資格認定を行っている企業・団体は次の通りです。
・一般社団法人日本ペット技能検定協会「動物看護士」。
・一般社団法人日本キャリア技能検定協会JCSA認定「動物看護士」。
・日本動物病院複視協会認定の動物看護士(JAHA)。
・日本小動物獣医師会認定の動物看護士(JSAVA)。
・日本動物衛生看護士協会認定アニマル・ヘルス・テクニシャン(JAHTA)。
基本的に受験資格は高校卒業程度の学力を有するならば問題ありません。
ですが団体ごとに受験するために通うスクールや認定校を定めたり、カリキュラムの取得を条件としている場合もあります。
それらの条件に合うスクールや講座を選ぶことが大切なようです。

認定試験の一本化

★「動物看護士」資格取得の変化

これまでは上記のような民間企業での資格取得が一般的でした。
ですがいま「動物介護士」の資格の見直しがされていて、動物看護士の資格が一本化されていくと言われています。
2012年の2月よりその動きが本格化しています。
動物看護に関わる資格認定団体である5つの団体が協力し、動物看護士の資格統一認定試験を実施させているのです。
その5団体とは、「全日本獣医師共同組合」「特定非営利活動法人日本動物衛生看護士協会」「一般法人社団日本小動物獣医師会」「日本動物看護学会」「公益社団法人日本動物病院福祉協会」です。
今後はこの一本化された認定試験が、動物看護士としての必要資格となるかと思われます。

それに伴い、認定試験を受験するための受験資格も変更になります。
この一本化された認定試験を受けるためには、動物看護学を学んでいること、または動物看護士として3年以上実務経験があることが求められています。
現在動物看護士の認定試験を持つひとも、一本化された認定試験を新たに受けなおす方もいることでしょう。
そして今後は、この一本化された認定試験が国家資格になる可能性も予想されます。
そうなると、動物看護士認定機構が定める学校を卒業していないと受験資格がもらえないことになるでしょう。

「動物看護士」は需要がどんどん大きくなっているゆえに、このように国家資格への動きがある職業だと言えます。
このように「動物看護士」の資格のレベルが上がり、知識やケアにおいてより良いものを提供できるようになると、動物病院などのレベルも上がることでしょう。
そうなると動物たちにも、そして飼い主にもより安心できる環境となります。
より多くの人に「動物看護士」を目指してもらうこと、またそのひとりひとりの「動物看護士」のレベルを上げること、これがより動物業界のレベルの底上げにつながるのです。
いま「動物看護士」という職業に関心を抱いている方は、ぜひ専門講座の受講などを真剣に調べてみてください。
また現在動物看護士として働いておられる方も、一本化される認定試験に挑戦して動物看護士としてのレベルアップを図れるかもしれません。
これからの動物業界を支える存在となり、ペットも飼い主も安心できる環境づくりに役だちたいですね。

学校ごとで期間、費用などが違いますよ。そこで便利なのが一括資料請求!!

資格を取るなら、自分に合ったスタイルを見つけるの一番ですよ!!

自分にあったスタイルだけでなく、費用ももちろんとっても大事。

そこで便利なのが一括資料請求です。 自分い全国の通学・通信講座情報がなんと67,000件以上。 それもわずか2分ほどで申込み完了しちゃいます。
もちろん無料!

BrushUP学び公式動物看護士の講座一覧