獣医師免許は国家資格で専門の獣医学科を卒業しなくてはならない

獣医師との違い

獣医師との違い

★動物を救う動物病院の存在

ペットの具合が急に悪くなった!こんなときどうすれば?!そんな時に、かかりつけの動物病院の存在は大きいですよね。
すぐに駆け込めば適切な治療をしてくれる、頼れる存在です。
獣医師さんもスタッフさんも良い人ばかりだと、安心して受診することができますね。
動物病院に通っている方でしたら、「動物看護士」という職業をご存知かもしれません。
ですが獣医師との業務の違い、動物看護士の基本的な業務などはあまり知られていないかもしれませんね。
獣医師と動物看護士の違い、またそのほかの動物病院のスタッフとの違いについてご説明したいと思います。

個人で開業している動物病院が多い

★動物病院のいろいろ

まず、動物病院のなかにも色々な種類があることをおさらいしておきましょう。
一番多いのは、個人で開業している動物病院です。
この場合は院長と経営者が同じ人物であることが多いです。
診療をする獣医師がひとりの場合もありますし、家族や夫婦で獣医師の場合は診療を分担しているケースもあります。
また他の医院から非常勤で診療を助けてくれる獣医師を呼んでいる場合もありますね。
個人で開業している動物病院の場合、信頼が高く地域密着型であることが多いです。
地元の方との関係も良好で、評判が良い動物病院は自分がかかるときにも安心できますね。
こじんまりした雰囲気、密着した診療を望まれる方は個人の動物病院を好む傾向があります。

また系列の動物病院もありますね。
この場合は母体となる大病院があり、系列病院を何個か展開しているので、サービスの質が高いものでしょう。
大病院とつながっているため、専門的な検査が必要になったときにもスムーズに行うことができるでしょう。
個人病院の場合は検査機器などが少なく、専門の検査を受ける場合には他の病院への紹介状を書かなければならないかもしれません。
また提携の病院が何個かあると、手術の日程が多く予約も取りやすいかもしれません。
入院施設が少ない病院では手術が何ヶ月か先になるかもしれませんが、大病院・系列病院など複数の選択肢があるなら早急な対策ができるでしょう。

ほかにはペットショップと提携している動物病院もあります。
ペットショップは生き物を扱う場所ですので、何かあったときにすぐに相談できるように動物病院と提携しているところが多いのです。
お店の動物の予防接種、ワクチン、健康管理などを提携の病院が担当します。
このように提携の病院のあるペットショップでペットを購入するなら、その後診療を受けるときにも情報提供がなされスムーズに診療を受けることができます。
また万が一、購入したペットに病気が見つかった場合などに対応してもらえるでしょう。

獣医師と動物看護士

★獣医師になるには

個人で開業するにも、他の開業医のもとで働くにも、獣医師の免許が必要です。
獣医師の免許は国家資格であり、受験のためには専門の獣医学科を卒業している必要があります。
国家資格に受かったとしても、開業医として独立するためにはもう一つステップがあります。
研修医として2,3年修行を積む必要があるのです。
この研修医期間中に、大動物だけでなく小動物など、幅広い動物の診療に関する知識を取り入れるわけです。
獣医師にのみ許されている行為は、病気の診断・治療を含む医療行為です。
例えば来院したペットを受付・診察室に通す・問診などは無資格の人にも許されている行為です。
ですがその後の症状を見て病名を判断する行為は医師のみに任されています。
また治療のための注射を打つこと、どの薬を投薬するかを選ぶことなども医師にのみできる業務です。
では、動物看護士にはどんな業務が任されているのでしょうか?

★動物看護士の業務

動物看護士の業務は多岐にわたります。
受付などに別のスタッフを雇っていない限り、受付業務もすべて動物看護士の仕事です。
朝始業前にはレジのチェック、おつりを揃えることなどからお仕事が始まります。
入院しているペットのチェック、お世話も朝一番に行う業務です。
そのほか診察室の掃除、器具のチェックなども入念に行います。
受付時間が開始したら、外来の患者さんの対応・受付作業・問診の入力などを行います。
ほとんどの動物看護士さんが、受付業務と診療補助業務を同時に行っているため、大変忙しいものです。
診療補助では動き回るペットをおさえたり、飼い主さんの訴えを伝えたりします。
その間にも電話対応やお会計業務もこなしていきます。
さらにお薬が処方になればそのお薬の説明、お家でのケアのしかたなどを丁寧に説明する必要があります。
動物相手ですので、診察室でお漏らししてしまったり、待合室でケンカになってしまうこともあるでしょう。
そのようなトラブルにも機敏に対応し、診療がスムーズに行われるように力を尽くします。
動物看護士は、診療に関わる行為以外のほぼ全ての業務をこなしているのです。

忙しいとともに、とてもやりがいのある仕事だとも言えます。
ペットや飼い主さんの一番近くでサポートできますし、お礼を言われたときなどには感動も大きいものです。
動物が好きなあなた、ぜひ資格取得を考えてみてはいかがでしょうか?

学校ごとで期間、費用などが違いますよ。そこで便利なのが一括資料請求!!

資格を取るなら、自分に合ったスタイルを見つけるの一番ですよ!!

自分にあったスタイルだけでなく、費用ももちろんとっても大事。

そこで便利なのが一括資料請求です。 自分い全国の通学・通信講座情報がなんと67,000件以上。 それもわずか2分ほどで申込み完了しちゃいます。
もちろん無料!

BrushUP学び公式動物看護士の講座一覧