動物介護士になるにはペットの病気や飼育方法などの知識から応急処置の方法まで一通り学びます

動物介護士との違い

動物介護士との違い

★動物の健康と生き方に関わる仕事

動物医療に関わる仕事の人気は年々高まっています。
いまはペットが家族の一員とされる時代であり、ペットのケアがとても大切な問題だからですね。
ペットに支えられてきたゆえに、ペットを支えるお仕事に就きたいと考えている方も多いのではないでしょうか?
そこで気になるお仕事が、「動物看護士」と「動物介護士」です。
「動物看護士」と「動物介護士」とは何が違うのでしょうか?業務内容の違いは?
それぞれ資格を取得するためにはどうすれば良いのでしょうか?詳しく見てみましょう。

注目の動物介護士

★動物医療のスペシャリストになるために

動物医療において活躍するために、一番専門度が高いのは何と言っても獣医師でしょう。
獣医師になるためには獣医学科がある大学を卒業して、国家試験に合格する必要があります。
その次に専門知識が必要とされるのが「動物看護士」ですね。
「動物介護士」は、専門知識が必要とされるものの、活躍の場が動物病院だけではなく、主にお宅に訪問したり施設で活躍するケースが多いようです。
動物病院で働きたい、という場合、資格がなくても働くことはできますが受付業務のみになることがほとんどです。
その受付業務においても、動物の病気や予防接種についての専門知識が必要になるため、まったく未経験では少し難易度が高いかもしれません。
今から動物病院への転職を考えている方は、資格の取得を考えてみるといいかもしれません。

★「動物介護士」とは?

「動物介護士」とは、近年注目度がどんどん上がっている職業です。
ペットが家族の一員として大切にされ、先進医療を受けるようにもなり、ペットの寿命が延びたことは大変嬉しいことです。
ですが、ペットの寿命が延びるにつれ、ペットにも介護の必要が大きくなりました。
ペットの高齢化に対応するために、老犬デイサービス、老犬介護施設などが多く誕生しているのです。
老犬の介護というのは、思っているほど楽なものではありません。
老犬は歩けなくなったりすると、排せつの世話などが困難になります。
また租借ができなくなると食事の世話も難しいです。
そんな犬の介護には、適切な知識を持つ「動物介護士」の助けが必要です。

動物介護士はペットの病気についてや飼育方法などの基本的な知識から、応急処置の方法まで一通りを学びます。
また動物を介護する際に体を洗う方法、食事を与える方法などの知識も学びます。
動物介護士は老犬ホーム、ペットショップ、ペットホテルなどで活躍しています。
老犬ホームでは日帰りのデイサービスもあり、そういったワンちゃんを迎えに行ったりするのもお仕事のひとつです。
またペットシッター兼「訪問介護」としてお家に伺い介護サービスを施すこともあります。
お家では老犬の食事、排せつのお世話など質の高いサービスを受けることができます。
また外出が難しくできなかったトリミング、爪のお手入れもお任せできるので安心です。

動物看護士と動物介護士

★「動物看護士」とは?

では「動物看護士」とはどういった職業なのでしょうか?
「動物看護士」は主に動物病院で働き、獣医師のサポートを行います。
そのサポート業務には診療時の介助や器具のチェックのみならず、様々な業務が含まれています。
一例を挙げると、受付業務・入院患者のチェックとお世話・お薬の調剤と説明・飼い主さんへの問診やアドバイス・・・などがあります。
このほかにも病院の清掃やレジチェックなどをすべて動物看護士が行うことが多く、応用力が求められる職業です。

動物介護士が主にペットと向き合う職業であるのに対し、動物看護士は主に飼い主さんと向き合う職業であるともいえるでしょう。
飼い主さんに一番初めに問診をとるのは動物看護士であり、その時点である程度の訴えを聞き、不安な点をようやくする必要があります。
そのためには動物看護士が話しやすく、安心させる雰囲気の人であることが求められるでしょう。
また飼い主の不安な点を理解し、獣医師に正しく伝えるという能力も求められています。
さらに救急で運ばれてきたペットに正しく応急処置ができるなど、とっさの対応もできる人であるべきです。
動物介護士は目の前のペットの対応に集中するのに対し、動物看護士は常にアンテナを張り巡らせて、臨機応変に対応していく能力が求められるのです。

★「動物看護士」と「動物介護士」、なるならどっちがいいのか?

では実際に就職を考えているのなら、「動物看護士」と「動物介護士」どちらが良いのでしょうか?
動物病院で働きたい!という思いがあるのなら、「動物看護士」のほうが有利であると言えるでしょう。
「動物介護士」の病院勤務で募集は、「動物看護士」に比べて明らかに少ないからです。
ですが、もしも「老犬介護施設で老犬の助けになりたい」または「被災地で動物保護ボランティアに参加したい」という思いがあるのなら、動物介護士のほうが有利でしょう。
なりたい職業により、動物看護士の資格を取るか、動物介護士の資格を取るのかを決めることができます。
現在はどちらの資格も通信講座にて資格取得が可能です。
ぜひ検討してみてくださいね。

学校ごとで期間、費用などが違いますよ。そこで便利なのが一括資料請求!!

資格を取るなら、自分に合ったスタイルを見つけるの一番ですよ!!

自分にあったスタイルだけでなく、費用ももちろんとっても大事。

そこで便利なのが一括資料請求です。 自分い全国の通学・通信講座情報がなんと67,000件以上。 それもわずか2分ほどで申込み完了しちゃいます。
もちろん無料!

BrushUP学び公式動物看護士の講座一覧